本年も末広亭をごひいきおひきたて御願い申し上げます
 当席は本年も12月29日まで休まず営業いたします。
正月元日より10日までは3部制、正月11日以降は昼の部12時、夜の部は5時開演。
今年は2020年、令和2年で<2>に縁ある年ですが、さらに寄席が誕生してからも222年目の年(1898年・寛政十年)。
寄席も「金」のお祝い 五代目金馬が誕生 四代目金馬は金翁に

 落語界の大看板三遊亭金馬の息子の金時が東京五輪の年の秋に襲名する。五代目金馬の誕生で現・四代目金馬は金翁を名のる。寄席の世界も演技よく「金」ラッシュとなる。金翁は小金馬時代は「お笑い三人組」で活躍。当席の襲名披露は10月上席夜。


来月、2月中席夜の部に大人気の松之丞が六代目神田伯山を襲名

 むかし風に言えばマスコミの寵児講釈師の神田松之丞が六代目伯山を襲名。披露興行は2月中席(なかせき・11日~20日)夜の部の当席からはじまる。
松之丞改め六代目伯山は、83年(昭和58年)東京は豊島区に生まれ、武蔵大学卒。
01年(平成9年)に神田松鯉に入門して松之丞、12年6月二ツ目。20年2月真打昇進。

3月に真打昇進 落語協会の5名 当席の披露は4月上席夜
 落語協会の5名が真打に昇進する。円丈門下三遊亭たん丈、一朝門下春風亭一左、歌武蔵門下三遊亭歌太郎、市馬門下柳亭市楽、歌慎門下の三遊亭歌扇の5名。
このうちたん丈は三遊亭丈助、歌太郎は三遊亭志う歌、市楽は玉屋柳勢と改名。
末広亭友の会へご入会下さい
 長年つづいている末広亭の友の会の新会員を募集しております。年会費1万円。3月ごとに招待券1枚、一年に4枚を配布。扇子・手ぬぐい・湯呑茶碗3点からご希望の2点を贈呈。会員証をご持参の方は割引致します。
深夜寄席 本年もよろしく
 毎週土曜日夜9時30分~11時40分頃まで。落語芸術落語、両協会二ツ目4人が出演します。
3日第2部NHK正月恒例の東西寄席中継。当席からの案内役は柳亭小痴楽。昨秋単独で真打昇進、今年のさらなる飛躍が期待されるエース。末広亭を背にしての司会は、今世紀にはいってからは、爆笑問題、ナイツにつづく。
噺家最高齢は桂米丸の94歳、9月に金翁と改める金馬は90歳。金馬には米丸にない芸歴がある。噺家ただひとりの戦前(昭和16年)の入門。
木久扇は昨年「笑点」出演50周年、今年8月芸能生活60周年。11日(土)にBS笑点ドラマスペシャル[初代林家木久扇~おバカのスーパースター](19時~21時)。3月には生まれた中央区日本橋で、木久扇展をひらく。
その木久扇がトリで、紙切り二楽、時事漫談松元ヒロ、ナイツ、一之輔らが出演する(マムちゃん寄席)(16日の木曜13時開演)が北とぴあで。席亭はマムちゃんこと毒蝮三太夫で今年の年男。
寄席誕生の222年。200年の1998年(平成10年)に記念の石碑を東上野の下谷神社に建立。(寄席発祥の地)は人間国宝小さんの帰亳。
[バラエティ笑百科](NHK総合)で、”へんなの””ちょっと聞いたぁ~”などで笑わせた漫才のWヤング。平川幸朗が78歳で没(11・11)落語では文枝の弟子で関西大の後輩でもある桂三金が48歳で没(11・9)。三金は10月に子供のための寄席教室にも出演していた。
文枝が上方落語協会会長の三枝時代に設立(06年)の繫昌亭。上方の噺家はこの10年で100名もふえたという。
1月に(長屋の花見)をえんじていた人がいるよ
だれ?
亡くなった扇橋だよ
やってたやってた
新春、初春だから、春の落語もかまわないって
扇橋師匠は光石の名をもつ俳句の先生でもあったネ
今年は去年の秋から花見をしている感じだな
扇橋も先(さき)を超されたって・・・
我々の世界で、あのお花見に招かれた人いる?
林家ペーだよ
そうか、招待客が何万人いてもペーさんはわかる
場所中の国技館でも、ペーが来てるって大さわぎ
自分の弟子に、仲間はぺーさんと呼ぶようだが、おまえたちはペー先生と呼びなさいッと指示した師匠がいるんだよ
へぇー、その師匠は?
落語協会に所属していた時代の立川談志だよ
ちゃんと、師匠はその存在を認めていたんだネ
あの富士を見ながら、ペーさんに”富士山は何メートル?”、”3776”って答えたら、”えらいっ、ちなみに世界一のエベレストは?”
答えられなかったんだ
”8848、ハヤシヤと覚えておくようにって
さすが!ぺー先生だっ

©shinjuku suehirotei