しんじゅくすえひろてい
しんじゅくすえひろてい
 寄席-それは日本人の心のふるさと。めまぐるしく激動する現代のオアシスでもあります。 当、末広亭はビル化していく寄席の風潮をよそに江戸以来の寄席の伝統を重んじ、その雰囲気を現代にとどめる落語色物定席です。
 東京は落語、上方は漫才といわれてます。事実、東京は落語が多く昼・夜各席十数組のうち、2/3ほどが落語、あとは漫才、奇術、曲芸、俗曲など 様々な色物を揃えており、名実ともに各演芸分野の第一人者が次々と登場します。
現在当席は以下の通りご案内しております
【前売り券に関して席亭より】
 いつも新宿末廣亭をご贔屓くださいまして誠にありがとうございます。
 今後末廣亭では、混雑が予想される興行に関しては、e+(イープラス)にチケットを販売委託することになりました。
 これまでは公演当日、寄席の窓口で整理券を配布しておりましたが、整理券を求めての行列ができておりました。お客様、近隣の皆様の不安を解消するためにも、整理番号付きの前売り券を販売し、開場時間に合わせてご来場いただくことで「密」の回避に努めて参ります。
 お客様におかれましては、手指の消毒の徹底、マスクの着用、水分補給以外の飲食の禁止、隣席との会話をお控え頂くなど、引き続きご不便をおかけいたしますが、今後とも新宿末廣亭をよろしくお願い申し上げます。
末廣亭 席亭 真山由光
【特別興行】
 新宿末廣亭では、通常興行とは別に、特別興行を行なっています。
 正月興行や余一会など、木戸銭3500円の興行が特別興行となります。 ご来場の際はホームページでご確認の上お越しください。
七月三十一日(日)余一会前売りのお知らせ
昼の部 文治・扇治二人会
開演13:00~ 開場12:40
前売チケット発売日7/1 正午
1F指定 117 
桟敷右指定 32席 
桟敷左指定 32席
夜の部 兼好・王楽・萬橘三人咄
開演17:00~ 開場16:40
前売チケット発売日7/1 正午
1F指定 117 
桟敷右指定 32席 
桟敷左指定 32席
新宿末廣亭存続のためのご協力のお願い